緊急事態宣言に異議あり、改憲利用とんでもない!4・9官邸前緊急行動( #緊急事態宣言に異議あり #安倍9条改憲NO )

time 2020/04/09

LINEで送る

【拡散希望】本日です!
『緊急事態宣言に異議あり、改憲利用とんでもない!4・9官邸前緊急行動』
4/9(木)18:30~ 首相官邸前
#緊急事態宣言に異議あり #安倍9条改憲NO
各種共有ボタンで拡散を!宣言文など詳細は→

日時:4月9日(木曜日)18:30~19:15
場所:首相官邸前
主催:市民有志諸団体

緊急事態宣言に異議あり、改憲利用とんでもない!

4・9官邸前緊急行動での市民の要求

安倍政権は4月7日、新型インフルエンザ特措法による緊急事態宣言を発令しました。

しかし、この宣言の発令は日本国憲法が定める基本的人権の重大な侵害にあたる恐れがあるだけでなく、新型コロナウィルス対策に関しても極めて重要な問題を含むものであり、私たち市民は主権者としての立場から厳重に異議を申し立てます。

安倍政権が緊急事態を理由に、日本国憲法第3章がすべての市民に保障する「権利」の不当な侵害を許しません。いかなる場合においても政府はこれを最大限保障しなくてはならなりません。それは政府の義務にほかなりません。

この間の日本政府の新型コロナ対策の立ち遅れは政治的理由によるところが大きいことは否めません。日中首脳会談準備、および東京五輪準備、あるいは客船ダイヤモンド・プリンセスのゲットー化などによって、感染症対策が大幅に遅れたという指摘は果たして当たっていないでしょうか。全国の小中高の一斉休校や、布製マスク2枚の配布など、この間の安倍政権の対応はあまりにもずさんで、場当たりすぎないでしょうか。

他国と比べて日本が大幅に少ないPCR「検査母数」を、「医療崩壊の危険」の脅迫・強調でごまかしてはなりません。検査を故意に絞り込んだうえに市民に情報を隠蔽したまま、いたずらに「危機の脅迫」を行い、緊急事態宣言への「(市民の)協力」を強要するのは本末転倒です。

私たち市民は、この緊急事態宣言や無謀・無策ともいえる政府の施策によって、政治の犠牲のしわ寄せを受けているすべての「社会的弱者」、市民への例外のない経済的救済・保障を行うべきです。医療・介護・障碍者・高齢者・子どもなどに対する社会保障に全力をあげるべきです。非正規雇用労働者をはじめ、この社会を支えてきた働くものに犠牲をしわ寄せしてはなりません。私たちは叫びます。すべての市民を「生きさせろ!」と。

米国からの莫大な武器の購入を即刻中止し、その財源を市民生活の救済や、治療法の開発などを含む医療と福祉の充実に回すべきです。大企業がため込んだ莫大な内部留保を吐き出させなくてはなりません。消費税をはじめ税制を直ちに抜本的に見直すべきです。

信頼できない政権の下で、私たち市民が危機対応を求められるのは最大の不幸です。ドイツのメルケル首相を少しは見習ってはどうでしょう。モリカケはじめ偽造・ねつ造・隠蔽、違憲・違法・脱法、権力私物化、強権・暴走の安倍政権の責任は重大です。

さらに、この期に及んでなお、緊急事態対策に名を借りて自己の政治的野心のための改憲策動を進める安倍首相の改憲推進発言は許されません。

私たちはコロナ対策に市民がものを言えない空気を作る政治に反対し、安倍政権の責任を糾弾し、安倍政権の即時退陣を求めます。
市民は安倍政権の分断策動に乗せられるな! 市民は連帯して抵抗しよう、前進しよう!

2020年4月9日

首相官邸前緊急行動参加者一同

<地図>

その他

アピール

インタビュー

プラカード

共謀罪

憲法

関連情報

**今できることはコチラ!抗議を続けよう!**

※下記の水色の文字の部分をクリックすると、それぞれの詳細情報のページに移ることが出来ます。

TPPの批准に反対します。情報ページを開設しました!

行動予定
解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会の行動予定です。
私たちも参加している「総がかり行動」の行動のほか、解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会の街頭宣伝などもあります。
行動予定をぜひ、ご覧になってください!(上のメニューからも移動できます)

安倍政権が企てる戦争法制阻止のために、すべての人々は手をつなぎ、総力でたたかいましょう
――「総がかり行動実行委員会」――

平和をねがい、戦争に反対するすべてのみなさん!下記の取り組みにも、ご協力下さい!

「沖縄県民の民意尊重と、基地の押し付け撤回を求める全国統一署名」にご協力お願いします!
●署名・署名活動への参加のお願い
●ネット署名

安保法制違憲訴訟の原告に加わりませんか?

いまこそ、ともに声をあげましょう。行動を起こしましょう。

Twitter