安田純平さんの平和的解放のため全力での努力を求めます

time 2016/06/06

LINEで送る

内閣総理大臣 安倍晋三様
外務大臣 岸田文雄様

安田純平さんの平和的解放のため全力での努力を求めます

埼玉県出身のフリージャーナリスト、安田純平さんは、3月16日の42歳の誕生日に動画上で短いメッセージを発しました。昨年6月に取材のためシリアに入国して行方不明となって以来、初めて消息が明らかになりました。つづいてこの5月29日に、再度、安田さんからのメッセージが公開されました。これらのメッセージの信憑性については政府も確認しているところです。

この動画で安田さんは、「助けてください。これが最後のチャンスです」と書いたボードを掲げ、救出を訴えています。

昨年7月、安田さんがシリアで拘束されているのではとの記者の質問に対し、岸田外相は「少なくとも今現在、邦人が拘束されたという情報には接していない」と否定していました。そして3月の動画公表に際し、岸田外相は「政府にとって日本人の安全確保は重大な責務」と言いましたが、この間、政府は何をしてきたのでしょうか。私たち市民には知らされていません。また、岸田外相は「情報網を駆使して対応している」と語りましたが、以降も進展はまったく見られないまま、今日に至っています。

私たちは2004年4月にイラクで拘束された高遠菜穂子さんら3人のボランティアと安田さんら2人のフリージャーナリストの解放・救出のため、「これらの人びとはアラブの敵ではなく友人だ」と国際的にも働きかけ、イラク攻撃・占領への自衛隊の派遣に強く反対してきました。さいわい、この5人は解放されましたが、10月にはフリージャーナリストの香田証生さんが殺害されてしまいました。そして2015年初めには、中東で拘束されていた後藤健二さんと湯川遥菜さんが殺害されてしまいました。私たちは、このような悲劇を繰り返したくありません。いま拘束されている安田さんが善意のジャーナリストであり、決してアラブの敵ではないことは明らかです。安田さんを拘束している人びとが、この認識に立ち、速やかに安田さんを解放するようこころから求めます。

そして同時に、日本政府が安田さんの平和的な解放に向け、あらゆる努力を行うよう強く求めます。平和的解決のために、拘束者やその関係する組織や人物などへの直接、間接のあらゆるアプローチと、解決策に関する粘り強い交渉を行うべきです。あくまで人命を最優先し、安田さんの命を危機にさらすような、軽率な言動を避け、慎重に対応することを強く求めます。時間は残されていません。こうした努力で安田さんを一日も早く救出すること、それが政府の最も重要な責任です。

6月6日夕刻、首相官邸前に集まった市民有志の名において、この声明を発します。

2016年6月6日

解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会

WORLD PEACE NOW 実行委員会

(連絡先:電03‐3221‐4668 Fax03-3221-2558)

down

コメントする




その他

アピール

インタビュー

プラカード

抗議・集会

未分類

関連情報

**今できることはコチラ!抗議を続けよう!**

※下記の水色の文字の部分をクリックすると、それぞれの詳細情報のページに移ることが出来ます。

TPPの批准に反対します。情報ページを開設しました!

行動予定
解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会の行動予定です。
私たちも参加している「総がかり行動」の行動のほか、解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会の街頭宣伝などもあります。
行動予定をぜひ、ご覧になってください!(上のメニューからも移動できます)

安倍政権が企てる戦争法制阻止のために、すべての人々は手をつなぎ、総力でたたかいましょう
――「総がかり行動実行委員会」――

平和をねがい、戦争に反対するすべてのみなさん!下記の取り組みにも、ご協力下さい!

「沖縄県民の民意尊重と、基地の押し付け撤回を求める全国統一署名」にご協力お願いします!
●署名・署名活動への参加のお願い
●ネット署名

安保法制違憲訴訟の原告に加わりませんか?

いまこそ、ともに声をあげましょう。行動を起こしましょう。

Twitter

Facebook

Ninja Tools